ホーム > 業務内容 > 放射線測定

放射線測定

放射線測定

放射線測定は、主に空間線量率測定と汚染密度測定からなり、それぞれ目的に応じた測定器を用いて正確に測る必要があります。
また、測定に関しては校正された信頼のおける測定器を用い、データのバラつきをなくすため測定器の取扱いに熟知した者で行っております。
このように、長年培った測定技術の実績・経験を活かし、原子力施設や福島県内の放射線測定に携わり、福島支援復興の一助を担っております。

空間線量率の測定

空間線量率の測定

放射線測定器を使用し、原子力施設内の作業環境や放射性廃棄物などの放射性モニタリングを行い、モニタリングデータの記録・管理を行っています。また、福島の環境回復においては、宅地・道路・森林・田畑・公共施設などの放射線モニタリングや除染廃棄物の仮置き場の管理測定を実施しています。

汚染密度の測定

汚染密度の測定

放射能測定器を使用し、原子力施設内の作業環境や放射性廃棄物及び作業者、機材等の放射性物質による汚染の有無を確認し、放射性物質による汚染が管理エリア外へ持ち出されないよう確認を行っています。

周辺環境の放射線測定

周辺環境の放射線測定

通常ではなかなか特定が困難な、局地的に線量率の高いホットスポットを経験と技術で探し出します。また、家屋・住居周辺の測定を行い、線量率評価マップの作成も行っております。
また、地下水などに放射性物質が無いことを確認する分析測定を実施しています。

主な業務実績
  • 放射線モニタリング業務
  • 除染作業現場におけるスクリーニング及び管理業務
  • 放射線測定業務(空間線量率)
  • 放射線測定業務(内部被ばく)
  • 放射性廃棄物仮置き場の管理業務
  • 放射線測定器の貸出業務
技術サービス

放射線測定

  • 放射線状況および汚染状況の測定
  • 放射性物質の取扱いや測定に関する技術支援

除染

  • 除染作業に対するアドバイス
  • 作業における各種管理

技術支援

  • 放射線、放射能に関する技術支援